ラジオリスナーが惹かれる、人気パーソナリティの仕掛け。

ラジオを面白くするのは一体感?

オールナイトニッポンのパーソナリティの寿命ととても短いです。
2~3年で終了してしまう番組もあれば、1年で終了してしまう番組もあります。

そんな中、長寿番組と呼ばれる番組も存在します。
現在は岡村隆のオールナイトニッポン(ナイナイのオールナイトニッポンも含む)
とオードリーのオールナイトニッポン。がダントツで長くやっています。

ラジオがここまで続くのはどこに秘密があるのでしょうか?

私独自が考えてみた所、
いくつかポイントがあったので、まとめてみました。

 

★最大のポイントはファン(リスナー)との距離を近くすること★

ここからはオードリーのオールナイトニッポンを例に見てみましょう。

オードリーのオールナイトニッポンではリスナーの事を「リトルトゥース」という
独自の呼び方で呼んでいます。

これはレディーガガがファンの事をリトルモンスターと呼んでいる事から、
オードリーのファンの呼び方は「リトルトゥース」だという事から来ています。

リスナーだけの呼び方なので、リスナーからしたらオードリーとリスナーだけの秘密
となっていて、とても嬉しいと思います。

実はこのリスナーに呼称をつけるというやりかたは、多くのパーソナリティーが
取り入れているやり方です。

●アルコアンドピース「サイコ」

ハガキのコーナーで来たヤバイメール「過激なメール」をアルコアンドピースは
「サイコ」と呼んでいます。
「明るい夜に出かけて」という本の中でもこの話は出て来ますね。

下記「明るい夜に出かけて」のレビューです。

ニッポン放送50周年企画「明るい夜に出かけて」レビュー

 

 

●バックナンバー「ナカマ」

ふなっしーがゲストの回に、どうしたらもっとファンを増やせるだろうかと
討論をした結果でたのがファンの呼び方。

最初は「ヒサシー」と変な名前になっていましたが、
結局は、小島のツイッターをフォローしてくれる数少ない方々をリスペクトして
「仲間だ」という所から「ナカマ」と名付けております。

 

●有吉弘行「ゲスナー」

有吉弘行のラジオを聞いた事がある方はご存知かもしれませんが、
投稿されるメールはどれも過激なものばかりです。

なので、相当ゲスい投稿もかなりあるので、「ゲスナー」と名付けられています。

 

●岡村隆「月組→リスナー」

ナイナイ時代に新しいリスナーの呼称を付けようとした時に、
岡村が、我々のファンは礼儀正しく、出待ちの際にはまるで宝塚の月組のように整列をして
待っていることから、「月組」でいいのではないかと提案しました。

しかしながら、その後リスナーに大反対をされ、結局「リスナー」でいいのではないか、
一番しっくりきて、狙っている感じもないと、元に戻りました。

このようにパーソナリティそれぞれにリスナーの呼称があって、
理由も様々ですね。
これがファンとリスナーの距離を近づけるいい例かなと思っています。

 

ラジオで人気番組の裏話をする。


オードリーは毎日テレビで見るほど多忙な方々です。
なので、人気番組にも多数出演していますが、テレビは部分的に切り取った映像を
繋いでいるだけなので、深い話は届きません。

そんな中、二人のフリートークでは、番組の裏話や本当はこんな事をやっていたなど、
詳細な話が聞けます。

特に春日さんは水曜日のダウンタウンでの裏話、東大受験の裏話、海外の部族の話など
話題になった話を語る事があるので、とても面白いです。

その他のパーソナリティーも、例えばミュージシャンの方なら、
ライブの舞台裏や、ライブはどんな感じだったか、

芸能人なら、雑誌に取り上げられた内容についてどう思うかなど、
様々な意見が出て、それがネットニュースになる事もしばしば。

オードリーも若林さんの熱愛と破局はラジオで大きな話題になりましたね。

若林正恭 南沢奈央 熱愛からの破局

 

ラジオの中の用語を確立させる。

リトルトゥースもそうですが、オードリーのラジオを聞いていると
様々な造語が出て来ます。

・土曜の夜カスミン→前パーソナリティのユーミンを引き継いで春日が名乗っている。

・ひとつよしなに→春日の初めの文句。

・おやすミッフィーちゃん→若林お別れの挨拶

・このあとまた夢であいましょう!アディオス!→春日のお別れの挨拶

・自分磨き→●●ニーの事

・岡田→マネージャー岡田のこと

・よしとめあきひろ→ビックスモールン、ゴンの事

・P→ウーマンラッシュアワーの中川パラダイスの事

このように、色々と用語が出てきているので、初見の方は?
何これ?と思う人もいるかもしれませんが、継続して聞く事でなるほどーと思うのです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
ラジオの中で出てくるちょっとした仕掛け。

「ラジオリスナーの呼称」「裏話の暴露」「ラジオ用語の確立」は非常に重要と
私は思っています。

これはオードリーでなくても、他のパーソナリティでも出て来やすいとおもいますので、
あなたの好きなラジオで出ているか注目して見てみるといいかもしれませんね。

まだまだラジオリスナーとして浅い私ですが、
今後も楽しんでラジオを聞こうと思います。

 

オードリーとオールナイトニッポン レビュー

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です