清水エスパルスにスペイン代表を加えるとしたら誰?

Jリーグはスペイン代表ブーム?

2018年はアンドレス・イニエスタ、フェルナンド・トーレスなどスペインからの
大物が参入した年でもありました。
そんな中、2019年には元スペイン代表でバルセロナにも所属していた
スペイン代表の歴代最多得点王のダビド・ビジャがJリーグに参戦の表明をしました。
そして、現バルセロナの心臓、セルヒオ・ブスケツもラジオ番組で日本に挑戦したい
意向があると話題になりました。

 

海外のスター選手が挑戦しやすくなった背景。

要因は2つあると思っています。

 

①海外のクラブに日本のスポンサーが付くようになった。

楽天はバルセロナの胸のスポンサーになりまして、海外での認知があっという間に
広まりました。その結果、スペインでも日本のクラブに興味を持つ方々が増えています。
拍車をかけるように、チェルシーには「横浜タイヤ」がユベントスには「サイゲームス」
がスポンサーになっており、ベルギーではシントトロイデンがDMMによって買収されました。
このようにヨーロッパ地域で日本という存在が非常に大きくなり、日本に行くメリットが増
えたと感じる事が多々出てくるようです。

 

②黒船DAZNの襲来


DAZNのJリーグ参入は非常に大きなものをJリーグに与えています。
最も大きなメリットはやはりスポンサー料金でしょう。
これまでとは桁が違う報奨金が出ており、より海外のビックネームを呼ぶ事が
可能となりました。

 

清水エスパルスもスペイン代表を呼べる??

先日、清水エスパルスの社長から入場料の値上げの勧告がありました。
非常に丁寧な説明の中に、清水エスパルスの底上げの為に必要なお金があるという
内容の説明もあったように、値上げした分もちろん海外のビックネームを呼ぶ可能性は
かなりあがったと思っています。

そこで、今回エスパルスに獲得してもらいたい選手をまとめました。

第5位 セサル・アスピリクエタ 

リーダー気質な性格のディフェンダーです。
主にCBやSBができるのですが、若い清水のまとめ役にはぴったりですね。
ポジションとしては4枚のどこのポジションでもやれるので、
基本はCBで起用し、松原や立田とのコンビとして最適でしょう。
また178センチとCBではそこまで大きくないものの、平均身長が低い日本では
弱点となる可能性は低くなるでしょう。

 

第4位 セルジ・ロベルト 

現バルセロナ所属の便利屋。
特徴はGK以外のポジションを高いレベルで出来るという点です。
清水エスパルスは怪我人の数が標準よりも多いと思っています。
そのなかでどのポジションも出来るセルジ・ロベルトの活躍は必要かと思います。
フィニッシャーとしても良いですが、FWを活かすプレーが巧く、
バルセロナの中でも評価の高い選手です。

第3位 イスコ

ボールキープに優れた選手。
彼からの起点でゴールが生まれる事が多いです。
その理由は視野の広さ、そしてトリッキーなプレー。
テクニックがあるスペインの中でも5本指に入るほどの持ち主で、
意外な所にパスを出すので見ている人がワクワクします。
清水の中盤に意外な戦略が欲しい、スパイスを加えたいと思っていれば
彼が必要になります。

 

第2位 ダビド・シルバ

祖母が日系ということもあり、日本の環境には馴染むのではないでしょうか。
卓越したテクニックは唯一無二の存在感があります。
所属しているマンチェスターCでも代えの利かない選手として重宝されています。
右でのプレーが多いですが、トップ下も出来見てみたい選手の中の一人です。
彼一人でチームの環境がガラッと変わる可能性はあるので、注意は必要ですが、、

 

第1位 セルヒオ・ブスケッツ

私がスペイン代表の中で一番清水エスパルスに入ってほしい選手は
セルヒオ・ブスケッツです。
バルセロナでもスペイン代表でも心臓となっており、重要な役割を担っています。
プレーメイクが巧く、安心感もあるので、アンカーとして使いたいですね。
ブスケツには派手なプレーがありませんが、それでも危険察知能力が高く、
ディフェンスラインの助けにもなりますし、パスコースの選択肢の数も
飛躍的に伸びます。なので、彼がいるだけで、ボール保持率が増え、失点は
確実に減るでしょう。
アンカーのポジションなら現サッカー界で1番ではないでしょうか。
Jリーグに行きたい旨も聞いているので、是非とも獲得してください!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
とはいえ、清水エスパルスは若いチームなので、その選手の成長という
意味での獲得はありだと思っています。
上記に挙げた選手は精神面でも素晴らしい選手ばかりなので、
どんどん吸収して欲しいですね。
今後どんな選手が日本に来るのか楽しみですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です