巨人がFAで大金を出せる理由

プロ野球はオフシーズンへ突入

プロ野球のシーズンが終了しオフへと突入します。
ここで毎年注目されるのが「FA宣言」した選手達の動向です。
毎年のように球団を代表するような選手達が宣言をしますが、
その大物選手に毎年食種をのばしているのが「巨人」です。

近年巨人が獲得した選手は以下となります。

でも巨人はなぜFAの選手を獲得することができるのでしょうか。

=======================

①ソフトバンクホークス…1,887億5,000万円

②楽天イーグルス…1077億7900万円

③オリックスバッファローズ…1,021億0,700万円

④横浜Denaベイスターズ…549億8689万円

⑤東京ヤクルトスワローズ…311億1,765万円

⑥阪神タイガース…293億8,400万円

⑦北海道日本ハムファイターズ…241億6,600万円

⑧西武ライオンズ…216億6,523万円

⑨読売ジャイアンツ…6億1,300万円

⑩中日ドラゴンズ…3億円

⑪千葉ロッテマリーンズ…2億1,700万円

=======================

=======================
各球団親会社の売り上げ

●巨人
4553億

●中日
1657億

●東京ヤクルトスワローズ
3173億

●広島東洋カープ
???

●阪神タイガース
6387億

●横浜DeNAベイスターズ
1127億円

●福岡ソフトバンクホークス
ソフトバンク
3兆46億

●埼玉西武ライオンズ
4892億6700万円

●北海道日本ハムファイターズ
1兆323億円

●千葉ロッテマリーンズ
4244億円

●オリックス・バファローズ
1兆1540億

=======================

上記はそれぞれの会社の規模を示す「資本金」のランキングと球団売り上げです。
これで見てみるとジャイアンツがいわゆる「金満」の会社ではないことが
わかり、むしろ下から数えた方が早い位置になっています。

ではなぜ巨人は大金をFA選手に出せるのでしょうか。
考察してみましょう。

 

理由①球団単位で黒字経営をしているから。

現在プロ野球の球団単体で黒字経営をしているのは、
巨人、阪神、広島、SB、西武となっています。

特に巨人は全国にファンを持ち、球団単体の売上でも200億を超えるともいわれています。
東京ドームの賃貸料を差し引いてもかなりのおつりがあり、
経営体力的にはどの球団よりもある事がわかります。
歴史と伝統が生んだ名門ならではですね!

 

理由②読売新聞実は世界一の発行部数?

これはネットに書いてあった記事なのですが、
読売新聞の発行部数は世界一で1000万人にも及ぶとされているようです。
なので、単純に売り上げの粗利が多いので、お金を出せるという予想も
たてられます。
そんなにあったとは驚きですね。

 

理由③実は他の球団が動かな過ぎだから。

「日本の球団はFAにお金を出さな過ぎる」
これは今年上原選手が発言したフレーズです。
メジャーのトップクラスは1年で30億円を稼ぐまでになっています。
巨人が1年3億ほどの契約を提示しているので、およそ10分の1程度の金額しか
だしていないことがわかります。
メジャーと比べると巨人の提示額もまだまだなのです。
なので、巨人がだしているというより、他の球団が出し渋っているのではないかという
仮説もたてられます。

 

理由④常勝軍団としてのプライドがあるから

ジャイアンツといえば常に勝つことがあたりまえという、伝統ある球団です。
監督はAクラスでも解任されるほど「負け」が許されない責任があります。
なので即戦力がどうしても欲しい、特に優勝を逃した翌年は優勝に対しての
欲はかなりのものになります。
他の球団にはないジャイアンツプライドがお金を動かしていうのかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今年も巨人は多くのFA選手に声をかけています。
私的には来年どういった打線になるか楽しみにしています。
常勝軍団は夢がありますからね!
しかしながら今の巨人には「育成」というもう一つの方法も
成長しつつあります。
「FA戦士」と「育成」の融合が期待できる来年が楽しみですね。

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です