メジャーの一流ピッチャーが操る球種は何?

 

※一流選手の基準をここでは2018年の年俸にさせて頂きます。
※★が最も脅威な変化球。

11位 ダルビッシュ・有(シカゴ・カブス2400万ドル)

ロサンゼルスドジャースから移籍したが、高額の年俸には応えられなかった。
翌年に巻き返しを誓う

球種

・4シーム 
・2シーム(シンカー)
・スライダー(カットボール)★
・チェンジアップ
・カーブ(ナックルカーブ)
・スプリット

 

4シームの回転がメジャー屈指とされている。
そして変化球の中で最も評価が高いのが「スライダー」だ。
このスライダーは打者の芯を外し難を逃れる一級品だ。
逆に不安視されているのがスプリット。
多投をすると肘に負担がかかる他、抜けが多いため打たれやすい。

 

10位 フェリックス・ヘルナンデス(シアトル・マリナーズ2600万ドル)

マリナーズ一筋のエースピッチャーです。
イチローや岩隈、青木など日本人とも絡みが多く、
日本にも来日して日本の球団とも対戦したことがあります。

球種

・4シーム
・2シーム(シンカー)
・チェンジアップ★
・カーブ
・スライダー(カットボール)

 

武器は魔球チェンジアップです。
4シームの平均球速が148キロに対し、チェンジアップは144キロ
チェンジアップにしては速すぎる球速の空振りするバッターが続出。
また当たっても変化があるのでゴロになってしまう
のでバッター泣かせの球種だ。

 

8位 ジャスティン・バーランダー(ヒューストンアストロズ2800万ドル)

メジャーリーグで現最強になっているアストロズのエースです。
2500奪三振、200勝を達成しているメジャーでも指折りのピッチャーです。

球種

・4シーム★
・スライダー(カットボール)

・チェンジアップ
・カーブ

 

独特の投げ方ですよね。テイクバックが見えないため打者がタイミングを
合わせづらい。ダイヤのAの沢村みたいですね。
どの球種ももちろんすごいのですが、一番はやはりストレート。
回転率がダルビッシュを上回るというのですから最強ですね。
これがコントロールよく、155キロ平均MAX160くらいでミッドにおさまります。

 

4位 ジェイク・アリエータ(フィラデルフィア・フィリーズ3000万ドル)

いかにもメジャーのピッチャーという感じでボテボテしているオジサンですが、
このピッチャーがすごいのです。
昔はやせていました。。

球種

・4シーム
・2シーム(シンカー)
・スライダー★
・カーブ★
・チェンジアップ

 

4シームは大谷に匹敵する155キロ平均で出せます。
それに加え恐ろしいのが大きく曲がる縦スライダー。
変化が大きく、初見ではなかなか打てません。。
それに加え、緩急・落差があるカーブも同じ割合で投げるので
攻略はなかなか難しいですね。

 

4位 デイビット・プライス(ボストン・レッドソックス 3000万ドル)

メジャーリーグを観ていてよく聞く名前だと感じるはずです。
今年最高勝率を出したレッドソックスを支えるエースです。

球種

・4シーム
・2シーム(カットボール)
・チェンジアップ
・カーブ★

 

左の本格派です。4シームをコントロール良く投げる事ができ、
失投が少ないです。また「スパイクカーブ」という独特なカーブ
(120キロで落差が激しい)を持っており、どれもバットに当たりません。

 

3位ザック・グレインキー(アリゾナ・ダイヤモンドバックス3100万ドル)

200勝に最も近い男です。非常に頭の良いピッチャーで、投球術をマスターしています。
頭で考えそれを実現化できる実力を持っています。

球種

・4シーム
・2シーム(カットボール)
・スライダー★
・カーブ★
・チェンジアップ

 

スライダーは縦に激しく曲がり打者を圧倒します。
球種を投げるフォームが一緒なので打者はわかりにくく
制球力も良いので簡単には打てません。
先に述べたように投球術に長けていて、勉強熱心なので
吸収率も驚異的で伸びしろがあるピッチャーだと思います。

 

2位 クレイトン・カーショー(ロサンゼルス・ドジャース 3300万ドル)

大谷も舌をまくほどの大投手です。
ドジャースなので、前田やダルビッシュなどと親交があります。
その実力はメジャーでも1・2を争います。
既に年俸はイニエスタ並み。。

球種

・4シーム
・スライダー
・カーブ★
・チェンジアップ

 

スライダーは「高速のスライダー」カーブは「ドロップカーブ」
チェンジアップは「サークルチェンジ」です。
特に驚異的な変化球がドロップカーブです。
全米ではお化けカーブとして特集されていて、その空振り率は
40%に迫るとも。同じフォームからくるので更に他も打てない、
打てないで終わってしまうようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
こう見ると全盛期に150キロ以下のストレートを投げるピッチャーが
ほぼいませんよね。
まずは球速の早いストレート、魔球のような変化球、そして制球力
これが一流の条件ですかね。
2位のカーショー日本の1球団を賄えそうな金額ですので。
さすがはメジャーですね。
11位にダルビッシュも入っていますが、これから大谷もここに入ってくるでしょう。
期待しています!!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です