清水エスパルスの2001年ユニフォームが世界史上最もダサいユニに選出

世界には30万以上のプロサッカーチームがあります。
各チームは毎年ユニフォームが変わり、クラブの歴史の数だけユニフォームの
数があります。更にホームユニやアウェイユニ、セカンドユニ、サードユニなど
色々な種類のユニフォームがあるので、過去も合わせれば数千万はあると思います。

そんな中、
海外スポーツメディア「BeSoccer」が選出した「史上最も醜いユニフォーム」
に日本のサッカーチームの名前が刻まれてしまいました。
それが「清水エスパルス2001年のユニフォーム」です。

三都主アレサンドロなど代表クラスの選手を擁し、年間4位にも
なった時代の「JAL」のユニフォームが選ばれてしまいました。

他に選ばれたチームもそうそうたるメンツになっていますので、
エスパルスも有名になったのだなとも感じています。

報道されたのは以下の通りです。

========================================

世界各国では毎年のように各クラブで新しいユニフォームが制作されている。
そんななか、海外スポーツメディア「BeSoccer」は
「サッカーの歴史上で最も醜いユニフォーム」のワースト10を特集し、
2001年の清水エスパルスのユニフォームがノミネートされている。

清水は2001年シーズンのJ1リーグを年間4位で終え、
翌年元日の天皇杯で優勝を飾るなど好成績を残した。
当時のチームにはDF三都主アレサンドロやDF森岡隆三ら日本代表戦士が在籍し、
2002年に開催された日韓ワールドカップ(W杯)にも選手を送り出している。

 一方、当時の清水のユニフォームが辛辣な評価を受けている。
“史上最も醜いユニフォーム”のワースト10の一つとして選出した
海外スポーツメディア「BeSoccer」は、その選考理由を次のように説明している。

「2001年のユニフォームは黄色と2種類のオレンジ色で構成されているが、
上部に地球儀がプリントされており、胸部に広告が入っている。
この色とアイデアの混合は、全くもって上手くいかなかった」

 世界から10枚のユニフォームを選出しているなか、
清水のユニフォームを真っ先に紹介している。同メディアにとっては、
それだけ強い印象を受けたデザインだったのかもしれない。

※YAHOOニュースより

========================================

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-00142539-soccermzw-socc

 

歴代で選ばれたチーム、年代

海外スポーツメディア「BeSoccer」が選出した「史上最も醜いユニフォーム」
のワースト10は以下の通りとなっています。

 

清水エスパルス(2001/日本)

世界地図を意識したオレンジユニフォームです。
選手としては、三都主アレサンドロ、現解説の戸田和幸、元監督大榎、
レジェンド伊藤テル、澤登や安永さんなど豪華なメンバーが並んでいます。
こう見ると今活躍の場を広げている人たちが並んでいますね。

 

ボーフム(1997-98/ドイツ)

チョンテセや乾も所属したドイツ2部の古豪です。
左側は特に普通ですが、右側は何を血迷ったのか、虹がかかっています。
サッカーユニにしては珍しい色をしていますね。

 

ノルウェー代表(1995)

クラブだけではなく、代表のユニフォームからも選出。
結構シンプルに見えて、クラブではありそうな模様ですが、
これがワーストに選ばれてしまうんですね。
好みの問題でしょうか。。

 

チアパスFC (メキシコ)

メキシコのクラブチームから選出です。
チームのマスコット、ロゴがジャガーのため、
大阪のオバチャンみたいな見事なジャガーの柄がユニに入っています。
ということは、大阪おばちゃんファッションは世界に受けない??

 

マンチェスター・ユナイテッド(1990/イングランド)

多くのユニフォームの歴史があるマンチェスターユナイテッドの中で、
ファーガソン世代初期の1990年のユニが選ばれました。
マンUのユニフォームは伝統的な赤が印象的で、あまり差がないように
感じますが、ダサいのですかね。。
ちなみにシャープがメインのロゴで入っています。。

 

アーセナル(1990/イングランド)

マンUと同じく1990年のアーセナルが選出。
プレミアの1990年はどれだけダサかったんだと思いました。
JVCのロゴが目立ったユニですが、基本はアーセナルっぽいですね。
ガナーズにオシャレは必要ない!!強さがあれば!!

 

メキシコ代表(1994)

1994年のメキシコがランクイン。
なんかごちゃごちゃしている気がするユニですね。
メキシコといったら緑が印象的ですが、見にくい印象もあります。

 

ロルカFC(-/スペイン)

2003年に創設されたばかりのチームですが、勢いがあり2部にまで
昇格しています。データは特になく、しかしこれからスペイン一部
に来ると思っています。

 

アスレティック・ビルバオ(2004年/スペイン)

スペインのチームでも特殊で「バスク人」のみの選手に所属できる
方針を持っています。
2004年のユニは確かに奇抜で、好き嫌いは激しいと思っています。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
日本の芸能界でも嫌いな芸人ランキングは知名度の証だといわれている
ように、清水エスパルスも世界にその存在が示せるようになったのでは
ないでしょうか。
アジアのチームからは清水しかないという事は誇らしいと思います。
しかし、デザインに関しては全然ダサくないと私は思っています。
むしろかっこいい記憶の方があります。
もしかしたら、ファン補正が入っているのかもしれませんが、
それでもこれはないやろ!!というユニは他にあったと思います。
来年はオシャレな部門でエスパルスが選出されることを期待しています!!

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です