珍しい変化球を操る選手達

一流のピッチャーの球はどれも一流。

 

プロ野球の世界では、プロになることでさえ困難だが、
その中で特に突出した能力を持っている者がいる。例えば田中将大。
彼の武器といえば、消えて見えるくらいの「スプリット」。
打者の手元で鋭く落ちるため、打者は消えたと錯覚する。
例えば大谷の160キロ超えの「ストレート」。ストレートだけで
打者は簡単に打つことができないので、もはや打つことが至難の業となっている。
このように、大きな武器を持つ選手はかなりいるが、今回はその中でも
「変化球」を魔球のように操る選手を紹介しようと思う。
どれもすごいものばかりだ、、

 

珍しい変化球を持つ選手。

【スライドパーム】 元西武 帆足和幸

今時、パームを投げる選手も少なくなったが、
今回ご紹介するのは「スライドパーム」。
曲がり方としては、スライド回転して、横(クロス)に曲がるという
変な曲がりかた。球速はあまり出ませんが、無回転になっているので
打者としては読みづらい点があります。

この変化球を習得しているのが、元西武帆足選手です。
無回転になる確率は低いようで、成功率は低いようですが、
成功すれば、やっかいなこと間違いなしです。

 

 

【スラーブ】 元ヤクルト 石井一久 横浜山崎康晃

スラーブとは「スライダー」と「カーブ」の中間地点のボール。
スライダーを投げようとして、カーブになってしまったという
失敗から生まれた球種ということみたいです。
つまり
・スライダーのキレのある曲がりがない
・カーブのようなブレーキが効かない
球種ということです。
これだけでは武器にならないので、スライダー・カーブを
習得してから覚えた方がいいかもしれません。

この変化球を習得したレジェンドが石井一久です。
本当に曲がるので、打てないだとか。
あとは最近チャレンジしているのが、横浜の守護神「ヤマヤス」です。
今でも十分のような気がしますが、「スラーブ」がどのように発揮されるか
楽しみですね!

 

 

【シェイク】 元ロッテ 小宮山悟

元ロッテ、小宮山悟のオリジナル球種
人差し指と中指の2本の指ではさみ、通常の投球フォームとは明らかに違う
球を押し出すようなフォームで投げる。
球速が80km/h程度まで減速し、他の球種と併用することで力を持つ球種。
あまりに遅すぎるため、待たれたら一瞬でやられそうな球種なので、
小宮山選手しか使っていませんでした。

 

 

【ジャイロボール】阪神 藤川球児 カブス ダルビッシュ有

投げようと思って投げれる人はいないので、「幻の球種」と呼ばれます。
特徴としては、普通のストレートに見えて、打者の手元で浮き上がる
性質を持っています。この現象は、普通のストレート時には縦回転で
球が走っているのに対し、ジャイロになる球は横回転になるといわれています。
まだまだ謎が多い球種なので、面白いですね。

ジャイロボールを投げたとされた選手が、ダルビッシュと藤川です。
二人にいえる特徴としては、ストレートの回転数が異常に高いということです。
回転数が高いストレートが生み出すジャイロボールは打ちことはもちろん
バットに当てることすら困難になります。

 

【超スローボール】 日ハム 多田野数人

一般の人でも一番投げられる確率が高いと思う球種。
しかしながら、コントロールは難しい。なぜなら天空にむかって
投げる球だからです。一歩間違えたらとんでもない方向に行きますし、
ランナーがいる場合は、とてもじゃないですけど難しそうです。

この魔球を投げるのが日ハムの多田野選手です。
彼は公式でこの球種を投げるので、投げられたバッターは
いつも軽く苦笑いします。
ただ、結構な割合で打たれています。。

 

 

【カツオボール】 ヤクルト石川

青木がサザエさんの「カツオ」に石川が似てることから
命名された。ネットではお馴染みの名前。
そんな彼が投げるボールがカツオボールと言われている。
一説によると、石川選手の投げるボールの球速が、
魚のカツオが泳ぐスピードと同じだとか。
意外に打てない「小さな巨人」のカツオボール。
お楽しみください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
オールスターの際、ダルビッシュが新種の変化球を投げる
と公言して、実行したのを今でも鮮明に覚えています。
メジャーリーグに行くと、「投げ方」「球種」が多種多様で
もっと複雑になっており、測定不可能になっているようです。
ただ、メジャーで勝っている投手の変化球は間違いなく
「魔球」といわれる分類で間違いありません。
「カーショー」のカーブはほんとエグイ。。

野球も常に変化をしており、「フォーク」が「スプリット」と
いわれたり、サークルチェンジ・ドロップ・スクリューは
ほとんど聞かない球種になりました。
もし、息子ができて野球を覚えさすなら、
上記の球種を全部覚えさせて、超クセの強いピッチャーに
しようと思います。

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です