清水エスパルスは何位?Jリーグ親会社・メインスポンサー資金力ランキング

J1 親会社・メインスポンサー資金力ランキング

 

イニエスタが32億以上で神戸に加入した昨今。
いよいよJリーグにも、「大枚をはたいて買う」の風潮が出てくるのかもしれません。
日本にはいわゆる「大企業」がいくつも存在しますが、世界に出ても対抗できるだけの資金力が
ある企業はいくつもあります。今回はJ1リーグのメインスポンサーや親会社がどのくらいの資金力を
持っているのか。それが気になったので調べてみました。

ちなみに調べ方は2017年の売り上げで調査し、ネット情報を頼りにしたので、
誤りもあると思いますがそこは許してね!
今回は「広告料収入」「入場料収入」「物販収入」の3本柱のうち「広告料収入」
の視点で見ています。
そして、いくつものスポンサーがついていると思いますが、
その中でもメインを取り上げて順位を付けています。

 

第18位

コンサドーレ札幌 親会社なし  出資額 3億1160万 売り上げ267億 営業利益 6億3000万
 メインスポンサー 北海道新聞社 487億 ?? 

 

コンサドーレ札幌が第18位です。
メインスポンサーが「白い恋人」と「北海道新聞社」と出てきました。
親会社はいなく、年商487億円の「北海道新聞社」が中でもメインスポンサーの中でトップ。
近年はJ1とJ2と行ったり来たり。去年は好調を維持して残留を決め、今年も良い位置をキープしています。
この資金力でよくやっているなというのが素直な感想です。

 

第17位

湘南ベルマーレ  親会社 株式会社三栄建築設計 2017年売り上げ1005億 営業利益100億

第17位は今年からJ1になった湘南ベルマーレです。
親会社は株式会社三栄建築設計です。聞きなれない名前ですが大企業です。
こちらはお馴染み「ライザップ」との共同出資をして、ベルマーレを支えています。
神奈川県はマリノス、フロンターレなど強豪がいる激戦区ですので、大変ですね。

 

第16位

サガン鳥栖  親会社サガンドリームス 2017年売り上げ27億6000万 営業利益968万
 メインスポンサー サイゲームス2017年売り上げ1336億 営業利益133億 

メインスポンサーは大手広告代理店のサイバーエージェントの子会社であり、
「グランブルーファンタジー」でお馴染みのサイゲームスがメインスポンサーにいます。
最近どんどんと成果を上げ、2017年は1300億円超え。
今後更に需要がある業界ですので、サガン鳥栖にとっては心強いですよね。
この資金力を武器に果たして「フェルナンド・トーレス」は獲得できるのか。

楽しみですね。

 

 

第15位

ヴァンファーレ長崎 親会社ジャパネット高田 2017年売り上げ1783億 営業利益150億 

 

第15位は通販の会社「ジャパネット高田」が親会社のヴァンファーレ長崎。
現在、初のJ1昇格となり、話題をかっさらっています。
長崎も現在は残留圏内にいるので、もし残留をしたら快挙だと思っています。
スタジアムも新設するとかしないとか。。
お金をかけていますね。

 

第14位

 

鹿島アントラーズ  親会社 新日鐵住金株式会社 2017年売り上げ2325億 営業利益215億 

第14位はオリジナル10で1度も降格がない「鹿島アントラーズ」
名門がこの位置は意外でしたが、鹿島はスポンサーが他にも多くいるので、
資金力には困っていないでしょう。
常勝軍団を支えているのは「新日鐵住金株式会社」(しんにってつすみきん)と読みます。
日本一の鉄鋼メーカーで、従業員数も6万人を超える超大企業です。
ここでついに2000億超え。
本当にレベルが高い。。

 

第13位

清水エスパルス  親会社鈴与 2017年売り上げ約4000億  営業利益 連結で約150億

我らの清水エスパルスが第13位です。
メインスポンサーの鈴与は多くの事業を手掛けており、そのすべての売り上げが好調です。
売り上げはなんと4000億円!!
もっともっと売り上げを上げ、清水に良い選手を送り込んでほしいというのが私の願望です。
最近では、スタジアムの名前にもなっているIAIも伸びてきており、
とても楽しみです。
来年にはトップ10を目指しましょう!!

 

第12位

 

ベガルタ仙台 親会社なし(株式会社ベガルタ仙台) 2017年売り上げ2285億 経常利益 1億2000万

メインスポンサー アイリスオーヤマ 4200億円

 

 

第12位はベガルタ仙台です。
東北の中では圧倒的な強さのベガルタ。
親会社は持っておらず、それなのにこの強さは異常ですね。
メインスポンサーは「アイリスオーヤマ」家庭用のプラスチック製品や家電製品を作っています。
仙台は「楽天」イーグルスもいて楽しそうでいいなーと思います。

 

第11位

 

ジュビロ磐田  親会社 ヤマハ 2017年売り上げ4329億6700万   営業利益543億7800万 

 

第11位は清水エスパルスの永遠のライバルジュビロ磐田。
親会社は静岡県を代表する大企業、「ヤマハ」。
ご存知「ピアノ」など楽器を中心に販売しています。
浜松は「スズキ」「ホンダ」など大企業が混在しているので、
スポンサーがどんどんとつくと恐ろしいですね。

 

第10位

 

サンフレッチェ広島 親会社 エディオン 2017年 売り上げ6744億2600万 営業利益 152億7300万

 

いよいよトップ10です。
第10位はサンフレッチェ広島。
2018年は飛躍の年になっており、去年の残留争いから一転、ダントツの1位と
なっております。親会社はエディオン。
有名な家電量販店ですね。「マツダ」もスポンサーのため
結構資金はあると思います。

 

第9位

 

セレッソ大阪  親会社 ヤンマー 2017年売り上げ 7493億円 営業利益230億 

 

 

第9位はセレッソ大阪。
親会社のヤンマーの売り上げは7493億円。
いよいよ7000億円超え。
よくわかんないくらいの金額ですね。
ヤンマーとは日本の発動機ならびに農機、建機、小型船舶の製造・販売を行う大手企業グループの総称
だそうです。ちなみにヤンマーは上場はしていないようです。

 

第8位

 

FC東京 親会社 東京ガス 2017年 売り上げ 1兆5870億8500万 営業利益583億6500万(連結)

第8位は東京都からFC東京の親会社東京ガスが選ばれました。
ついに売り上げ一兆円越え。
桁が違いますね。
ちなみにガスは漢字で「瓦斯」と書くらしいですね。難しい漢字書くなー。
さすが東京都のガスです。地方と比べても違いますね。

第7位

 

川崎フロンターレ  親会社 富士通 2017年売り上げ 2兆9263億  営業利益:385億 

 

川崎の親会社FUJITUが第7位ですね。
去年川崎は優勝をしているので、ダゾーンからの報奨金もあり、
資金力はかなりアップされていると思います。
今後ビッククラブに成長しそうなチームの一つです。
激戦区の神奈川でも今後やってけそうですね。

 

第6位

 

ヴィッセル神戸  親会社 楽天 2017年売り上げ 3兆95億 営業利益1493億

ついに来ました。
J1リーグに旋風を巻き起こしている「楽天」が親会社のヴィッセル神戸。
以外にもベスト5にも入っていないのが不思議ですね。
今後もどんどんと有名選手を補強してほしいですね。
それにしてもイニエスタをよく32億でとったなーと思います。

 

第5位

 

浦和レッズ 親会社三菱重工 2017年売り上げ4兆 営業利益 1500億

第5位は浦和レッズ。親会社の三菱重工です。
エネルギーなど幅広く取り扱っている三菱重工ですが、
三菱といえば大大企業ですよね。
私は浦和にそんな大企業の親会社がいるとは知りませんでした。
去年はアジアチャンピオンで今年はJ1で苦しむ浦和、
今後は補強もするのかどうか注目です。

 

第4位

 

G大阪 親会社パナソニック 2017年売り上げ7兆9821億 営業利益3805億

第4位はガンバの親会社パナソニック。
売り上げはいよいよ7兆円を超えました。
今年は低迷しているガンバですが、親会社はエグイくらいの売り上げですね。

 

第3位

 

柏レイソル  親会社日立製作所 2017年売り上げ9兆1622億 営業利益 5873億円

いよいよベスト3!!
日立が親会社の柏レイソルが3位に入りました。
そこまでお金持ちの印象が無いレイソルですが、ものすごい企業がバックにいます。
電化製品がメインで、CMもバンバンと放送している日立。
J1の中でも圧倒的な売り上げですね。

 

第2位

 

横浜FM 親会社 日産自動車 2017年売り上げ11兆9512億 営業利益5748億 

いよいよ2位。

日産自動車はなんと11兆。
横浜Fマリノスが2位。自動車業界はやはり日本では強いですね。
ここまでくると世界のスーパースターを獲得できるようなきがしますが、
できませんかね?
日産自動車の社長さん、メッシとか好きではないですか?笑

 

第1位

そして堂々の第一位は、、

名古屋 親会社 TOYOTA 2017年売り上げ28兆4031億 営業利益1兆9440億

1位はやはり世界のTOYOTAの親会社、名古屋グランパスが来ました。
売り上げも2位に倍以上の差をつけての1位。
今年もランゲラク、ジョーなど世界レベルの選手を補強し、
その資金力を見せつけました。
なぜ現在最下位にいるのか、、
理解に苦しみますが、去年がJ2なだけにしょうがいないですかね。

そして順位表をあてはめてみると、、

 

サンフレッチェ広島 親会社 エディオン 2017年 売り上げ6744億2600万 営業利益 152億7300万 ⑩

F東京 親会社 東京ガス 2017年 売り上げ 1兆5870億8500万 営業利益583億6500万(連結)⑧

川崎F 親会社 富士通 2017年売り上げ 2兆9263億  営業利益:385億 ⑦

セレッソ 親会社 ヤンマー 2017年売り上げ 7493億円 営業利益230億 ⑨

札幌 親会社なし  出資額 3億1160万 売り上げ267億 営業利益 6億3000万
 メインスポンサー 北海道新聞社 487億 ??  ⑱

神戸  親会社 楽天 2017年売り上げ 3兆95億 営業利益1493億 ⑥

仙台 親会社なし(株式会社ベガルタ仙台) 2017年売り上げ2285億 経常利益 1億2000万

  メインスポンサー アイリスオーヤマ 4200億円 ⑫

磐田  親会社 ヤマハ 2017年売り上げ4329億6700万   営業利益543億7800万 ⑪

レイソル  親会社日立製作所 2017年売り上げ9兆1622億 営業利益 5873億円 ③

エスパルス  親会社鈴与 2017年売り上げ約4000億  営業利益 連結で約150億 ⑬

鹿島 親会社 新日鐵住金株式会社 2017年売り上げ2325億 営業利益215億 ⑭

湘南 親会社 株式会社三栄建築設計 2017年売り上げ1005億 営業利益100億 ⑰

横浜FM 親会社 日産自動車 2017年売り上げ11兆9512億 営業利益5748億 ②

浦和 親会社三菱重工 2017年売り上げ4兆 営業利益 1500億 ⑤

長崎 親会社ジャパネット高田 2017年売り上げ1783億 営業利益150億 ⑮

G大阪 親会社パナソニック 2017年売り上げ7兆9821億 営業利益3805億 ④

サガン 親会社サガンドリームス 2017年売り上げ27億6000万 営業利益968万
 スポンサー サイゲームス2017年売り上げ1336億 営業利益133億   ⑯

名古屋 親会社 TOYOTA 2017年売り上げ28兆4031億 営業利益1兆9440億 ①

こう見ると、資金力に比例するわけではないんですね。。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
残念ながら我らがエスパルスは下位に沈んでしまいましたが、
それでも十分な大企業ということがわかります。
静岡県でも知名度はすごいですからね!
今回は企業の資金力という視点から見てみましたが、
実際補強する費用は別にあると思いますので、この結果とはちょっと違うと
思います。
この中で次の一手を出すのはどこのチームか。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です