あの人は今。清水エスパルスを出た選手たち。

今シーズンも12節まで終了し、いよいよ折り返し地点も近づいてきたJリーグ。
11節には半年以上ぶりとなるホームでの勝利を収めた清水エスパルス。
ホームに相性が悪いチームがJ1で残っている奇跡ですよね笑

そんな清水エスパルス。実は毎年のように主力を強奪される海外でいうとトットナムのようなチーム。
そんな清水の育てた選手は現在どのような活躍を移籍チームでしているのでしょうか。

 

あの人今。

 

三浦弦太 2017年~ガンバ大阪

J2の暗黒時代を支えた、若き清水のディフェンダー。
現在は日本代表にまで選出されるようになり、かなりの成長を見せた。
清水当時はサイドバックとして戦っていたが、G大阪時代はセンターバックとして開花。
日本代表もセンターバック登録として出場。

2018年成績 11試合出場 0アシスト0ゴール

 

犬飼智也 2018年~鹿島アントラーズ

清水エスパルスユースからそのままトップチームまで昇った選手。
2017年シーズンは清水のCBとして出場したが、日本代表を目指したいと
あえて強豪鹿島アントラーズに移籍した。

2018年成績 4試合出場 0アシスト0ゴール。

 

チアゴ・アウベス 2018年~ 全北現代

2017年にアル・ヒラルから期限付きの移籍で加入した。
それまでは、アジアの数多くのクラブを渡り歩いた。
実はサントス時代、あのネイマールとのコンビを組みプレーしたという
輝かしい歴史を持つ。スーパーゴールも決めるが、戦術に合わなく結局
1年で移籍した助っ人外国人選手。

2018年成績 ACL 3試合 1得点0アシスト

 

高木俊之  2018年~C大阪

お父さんは元プロ野球選手の高木豊。
兄弟は3人おり、3人ともプロのサッカー選手である。
2011年~東京Vから移籍してきた。
俊足を活かしてのサイド攻撃は非常に魅力だったが、決定力がもう少しだった印象。
2015年~は浦和レッズに、2018年~セレッソ大阪に移籍をした。

2018年成績 10試合出場 2得点1アシスト。

 

大前元紀 2017年~大宮アルディージャ

流通経済柏高校から清水エスパルスに加入。高校時代は2冠達成と得点王になりその名を
轟かせた。2012年には代表を目指し、ドイツのデュッセルドルフに移籍したが、
戦術に合わず再び清水に戻ることに。類稀なるゴールセンスでJ2時代には大車輪の活躍をしたが、
J1昇格の際に同じくオレンジ軍団の大宮アルディージャに移籍を決断した。

2018年成績 10試合出場 5得点2アシスト。

 

 

長沢駿 2015年~G大阪

清水エスパルスユースから昇格したが、武者修行のため多くのクラブにローンで移籍した。
2016年にはハリルホジッチから「私の構想の中に入っている」と日本代表候補となり
ブレイク。その長身からの打点の高いヘディングは武器になっている。

2018年成績 7試合 1得点0アシスト

 

岡崎慎司 2015年~レスターFC

滝川第二高校から清水に加入。
最初はらしさを見せれずも、徐々に頭角を現し、不動のレギュラーに。
当時はヨンセンや藤本など、黄金世代を長谷川監督と築きあげた。
その後は日本代表に選出され、数々の偉業を達成。
2011年からはシュツットガルト、その後マインツ→レスターと移籍。
レスター時代には、奇跡の優勝をレギュラーとして達成し、一躍注目の的になった。

2018年成績 40試合出場 8得点2アシスト。

こうみると数々の名門に清水ブランドが浸透してますね。
上記に挙げたほかにもまだまだ清水で成長し、出ていった選手は何人もいます。
清水を離れて敵になってしまうのは寂しいですが、活躍してもらえると嬉しいですね。
でも主力を引き抜かれるのは厳しいので、やめてほしいと個人的には思います。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です