両チームの富士山ダービーのスタメンを分析した結果、富士山ダービーじゃなかった??

富士山ダービーです。

別に勝っても富士山はどちらのものというわけではないですが、やたらと対立する県
同士の戦い。
まさに、山梨県民代表と静岡県民代表の威信に関わる試合なのです。

まあ私も静岡県出身なので、富士山は静岡のもの、表富士は静岡県だと思っています笑

ん?でももしかしたらピッチに立っているのは他の県出身の選手じゃないのか?
ということで、調べてみました。

清水エスパルススタメン

村田和哉→滋賀県出身 角田誠→京都府出身 西部洋平→兵庫県出身 増田誓志→宮崎県出身 西村恭史→大阪府出身 白崎凌兵→東京都出身 飯田貴敬→茨城県出身 二見宏志→奈良県出身 兵働昭彦→千葉県出身 ミッチェル・デューク→オーストラリア出身 高橋大吾→鹿児島県出身 北川航也→静岡県出身 長谷川悠→山梨県出身 チョン・テセ→北朝鮮出身

見事に静岡県民1人! こうみると富士山ダービーの時は静岡県民が1人しかいなかったようです。というか見事にバラバラ。清水エスパルスってこんなにもバラエティ豊かなラインナップになっていたのですね。もちろんエスパルスの中には静岡県民は何人もいますが、面白いスタメンの布陣でしたね。特に関西方面は多いようで、清水は関西色が強くなっているようです。

 

ヴァンフォーレ甲府スタメン

堀米勇輝→山梨県出身 佐藤和弘→岐阜県出身 邊峻範→韓国出身 今津佑太→山梨県出身 岡西宏祐→大阪府出身 松橋優→長野県出身 道渕諒平→宮城県出身 小出悠太→千葉県出身 島川俊郎→千葉県出身 森晃太→愛知県 大田修介→山梨県出身 橋爪勇樹→長野県出身 曽根田穣→愛媛県出身 秋山拓也→愛知県出身。

一方のヴァンフォーレ甲府は、、山梨県出身が多い!!
というかお隣さんも多く、海無し同盟ができあがっているような布陣。
全体的にも東日本が多く、関西出身が多いエスパルスとは真逆な感じですね。
山梨県が多いということは、ユースも順調に育っているのですかね?

ということで、出身地だけ見れば関西・関東ダービーのような布陣になっていまして、エスパルスは静岡県出身者が以外に少なかったことがわかります。
静岡県出身者のJリーガーが決して少なくなく、6位(76人)でした。
ちなみに山梨は12人で27位。内ヴァンフォーレが7人と最多。
エスパルスは決してユースが育っていない訳ではなく、毎年のように良いところまで行くほど強豪です。現在活躍が期待されている立田君や石毛君など主力はいっぱいいます。
どんどんユースから出てきてくれれば嬉しいですね。

試合はといいますと、村田の開始14秒弾に始まりいいスタートを切ったエスパルスでしたがOGで失点。またしても富士山ダービー今期初勝利はお預けになりました。
5月には静岡ダービー第3弾もあるので、流れをそれまでに変えていきましょう。

頑張れ清水エスパルス!!

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です