【プロ野球】!2カード終えて開幕順位予想が波乱です!

2カードが終了しました。
前回、順位予想をしましたので、2カード目を終えての結果をもとに、

稚拙な順位予想をツッこんでいきましょう。

 

第6位 東京ヤクルトスワローズ(昨年6位)(現在4位)

2カード目までの出来 上々。

(前回の総評)
怪我が常に付きまとう球団。
その怪我率の高さはお払いレベル。今年も何人かは離脱中。
去年よりは、レギュラークラスが怪我をしていないが、まだ開幕前なので油断はできない。
開幕後に誰かしらが離脱すると予想する。また、レギュラークラスと控えの差が激しいので、穴を埋めるのは難しいだろう。プラス要因として青木がメジャーから復帰したことは大きい。青木が3番、4番ではない打線が出来、さら怪我人が出なければAクラスも十分に狙えるだろう。ピッチャーが今年も微妙で、今年もノーガード戦法が楽しみな火達磨球団である。

2カード目を終えて

→怪我人が出ていない。川端の頭部死球も他は異常なし!
そしてピッチャーが燃えない。
ここまで、横浜に2勝1負 広島に1勝2負。
去年のAクラスに5分の戦いをしている。
原因としてはやはり青木。4番としてチャンスでしっかりと結果を残している。
このままいけば2位!

第5位 中日ドラゴンズ(去年5位) (現在6位)

2カード目までの出来 苦戦

(前回の総評)
セリーグ1謎の球団。
その戦力は未知数。オープン戦を見る限りでは悪くない内容で、とってきた外国人も
徐々にフィットしつつある。ピッチャーも安定感があり、今年ドラフトで入団した
ヤマハの鈴木など面白い存在が多い。5位の理由としてはとにかく謎だからだ。
中日が開幕から勝ち続ければ、台風の目となり面白い存在となるだろう。
注目は復帰を果たした松坂大輔。ローテをシーズン通して守りきればチームとして
大いに盛り上がるに違いない。

2カード目を終えて

→ピッチャーの苦戦が続いている。開幕からの4連敗はいくら広島・巨人としても
痛い。打線はアルモンテ・ビシエドが好調を維持。
大事なところでのミスも多く、守備から崩壊という場面も少なくなかった。
今年のドラフト1位の鈴木(ヤマハ)は圧巻のピッチング。
今年の大きな戦力となるだけに、先発陣の奮起が順位を浮上させる鍵。
しかしながらこのままいけば今年は最下位に沈むだろう。

 

第4位 阪神タイガース(昨年2位)(現在3位)

2カード目までの出来 普通

(前回の総評)

オープン戦は単独最下位と不安を残す結末に。
特に打線が深刻で、1点が遠いように思える。期待の大型外国人ロサリオはまだ本領を発揮していない。このままの調子でいけば今年はかなり不本意な結果となってしまうだろう。開幕すれば調子は上がってくると思うが、今のままではAクラスは難しいと判断した。
注目はやはり、ロサリオだろう。彼の調子に今年の阪神は掛かっていると言っても過言ではない。まずは開幕の巨人戦、菅野にどこまで立ち向かえるか注目だ。

→2カード目を終えて

打線は悪くないが、先発・中継ぎともに波がありすぎて不安定。
オープン戦で見えた不調の打線は嘘のように解消。
特に福留は好調で、脅威となっている。
前回挙げたロサリオは、広角に打ち分ける技術を発揮しているので、
今後大いに期待が持てるバッティングといえるだろう。
やはり先発が不安、特に藤波の調子は阪神にとって与える影響は大きいだろう。
開幕戦の菅野はボコボコにできましたね笑
このままいけば4位と予想。

 

 

第3位 横浜DeNAベイスターズ(昨年3位)(現在5位) 

2カード目までの出来 苦戦

(前回総評)

今年は打線もピッチャーも去年よりも確実に戦力がアップしている。打線では阪神からFAの大和が2番に入り、かなりのプラスになっただろう。更にクリーンナップの筒香・ロペス・宮崎の打線は球界の中でもトップクラスの強力打線に思える。3位と判断したのは
先発ピッチャー陣の怪我の多さ。それ故、開幕から半年Aクラスに残っていれば優勝の可能性も十分にある。注目選手はやはり筒香。今年は打席のフォームを少し変えているが、果たしてその成果が吉と出るか凶と出るかは楽しみな所だろう。

→2カード目を終えて

→ピッチャー陣は安定している。特に今年のドラ1位東は合格点といえる内容だった。
これに故障中の今永、ウィーランドなどが入れば上昇は可能か。
問題は打線。セリーグで最も迫力の無い打線にここまでなっている。特にクリーンナップは打率1割台と元気が無い。打線の復活が鍵となる。
このままいけば5位(ピッチャー故障で離脱が続く場合)

 

第2位 広島東洋カープ(昨年1位)(現在1位) 

2カード目までの出来 上々

(前回の総評)

3連覇がかかる今年。打線もピッチャーも控えも申し分ない。開幕から優勝争いを展開するだろう。なぜ2位にしたかというと、他球団が広島を研究し始めている。特に田中、菊池、丸の「タナ・キク・マル」トリオが抑えられるのではないかと予想。当然他球団のエースピッチャーも広島にぶつけてくるので、道のりは困難だろう。注目は4番になるであろう鈴木誠也。骨折から開幕にギリギリ間に合ったが調子をどこまで上げれるかが勝負となるだろう。最低でも3割30本は欲しいところだ。

→2カード目までの総評

→4試合続けて逆転勝ちと、狙っているとしか思えないほどの逆転打線。
ピッチャーがやや不安定だが、ここまで王者の戦いを見せている。
不安は鈴木が2軍行きになってしまったこと、早い復活が打線を更に勢い付ける。
このままいけば優勝!!

 

第1位 東京読売ジャイアンツ(昨年4位)(現在2位)

2カード目までの出来 やや上々

(前回までの総評)

優勝奪還に燃えるこの球団は、昨年までとまるで違ったチームになりつつある。
補強では昨年ホームラン王のゲレーロに加え、ピッチャーでは西武の野上を獲得。
更に若手の伸びが著しく、吉川尚、田中(弟)、大城、岡本と頭角をあらわして来ている。
小林のバックアップ、坂本のバックアップがいうことは大きく、阿部がベンチにいることも脅威となる。あとは裏ローテが完成すれば優勝が見えてくるだろう。
中継ぎは磐石で誰が出ても打者からは嫌なはずだ。

2カード目を終えて

→開幕戦では菅野が炎上するなど波乱の幕開けで始まった巨人。これは巨人にとって嫌な誤算に違いない。逆に嬉しい誤算は岡本だろう。チームで唯一の2ホーマー、そして10打点と勝負強さも発揮。ポイントは菅野が立ち直るまでの他ピッチャーの好投。そして、他の打者が立ち直るまでの岡本の活躍だろう。そして、中継ぎはかなり磐石。
このままいけば3位!

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です