個人的順位予想~パリーグ編~

開幕1カードが終了しました。

遅いとは思いますが、パリーグの順位を予想してみましょう。まずは1カード終了時の順位です。

1位 西武 2位 ソフトバンク 3位 ロッテ 4位 楽天 5位 オリックス 6位日本ハム(2018年4月3日現在)

ではでは予想していきましょう!!(星座占いのように見てくれたら嬉しいです笑)

 

6位 日本ハムファイターズ(去年5位)

スタジアムで揺れる、清宮不在で揺れるでフラフラしそうな一年。
ここまでもまだ勝ちがない(本日やっと1勝)と苦戦。
特に投手陣はエースにふさわしい存在がいなく、開幕投手のロドリゲスも
めちゃめちゃに打たれた。打線も元気なのは近藤のみで苦しい展開に。
キーポイントは毎年安定した成績を残すレアードがチャンスでどこまで打てるかが鍵だろう。

 

5位 千葉ロッテマリーンズ(去年6位)

井口監督の1年目、去年よりも確実に打率も防御率もアップするが建て直しの一年ということでこの順位。打線では非凡の打撃センスを持つ平沢大河、4番のアジャ井上が鍵となりそう。特に1カード目では井上が爆発。今期かなりの期待が持てる。
投手ではボルシンガーを挙げる。あのダルビッシュが絶賛したカーブは脅威。
かなり打者は混乱するだろう。涌井や石川の復活も期待したいところだ。

 

4位 東北楽天イーグルス(去年3位)

今年はBクラスと予想。則本や岸を擁する投手陣はかなり安定している。
そう多くは失点しない布陣と考える。
問題は外国人野手だ。どこまで外国人野手が打てるかで順位が変わってくるが、
今年のペゲーロが未知数だ。まだお目覚めではなくちょっと不安ではある。

 

3位 オリックス(去年4位)

ピッチャーが抜群に良い。毎年ドラフトで良い選手を取り続けているだけあって、
そろそろ爆発しそうな気配。相変わらずエースの金子は安定している。注目は今年のドラ1位のJR東日本の田嶋。ランディジョンソンのような投球フォームからのピッチングはソフトバンク打線でも打てなかった。これはかなりの期待。バッターでは1番に入る宗が気になる存在。ここまでリードオフマンとしての存在感を発揮できている。

 

2位 西武ライオンズ(去年2位)

切れ目のない打線が強すぎる。どこからでもとれる打線は他の投手陣から見ると脅威で気が抜けないだろう。これで投手陣がQSを達成すると西武は手が付けられなくなる。
打線は生き物というように開幕は調子が良いが、どこまで調子をキープできるかが鍵となってくるだろう。

 

1位 福岡ソフトバンクホークス

オープン戦は連敗に告ぐ連敗。しかしそれは死んだふりだったようだ。
開幕戦からは打線が目覚め始め、オリックス打線に牙をむいた。
しかしまだ本調子では無い様で、田嶋には勝利をプレゼントしてしまった。
層が厚いだけにこれからどんどん調子の良いバッターが出てくると思うので
まさに磐石だろう。

※あくまで個人の意見です。

 

 

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です