日本×マリでキッカーさながらの採点をしてみた。

代表戦でしたね!

私自身の個人的な視点でkikkerさながら点数を付けていきましょう!(10点満点)

日本代表5.5 相手にとって恐怖を感じるようなチームになっていなかった。
攻守にわたってちぐはぐなプレーをしており、ラストプレーで点を決めていなかったたらかなりお粗末な結果になっていただろう。

ハリルほじっち 5.0 宇賀神を本職でない右SBで使ったり、大島負傷時に全く別タイプの山口を入れたりと交代の場面でやや疑問の残る采配に。宇賀神はこれにより自滅した。

大迫6.5 ポストプレーはさすがで、デュエルの勝率はチーム内では高い方だろう。
前半のコーナーからのセットプレーは決めたかった。
裏スペースに関しては鳩の方がとっていた。

くぼ 5.5 前に進む力はさすがだが、途中からミスディレクションを発動したように消えていた。
宇賀神との連携は悪くなかったが、チーム1番の6億越えという評価には相応しくなかった。

森岡 5.0 安定したボール捌きを披露したが、マリを崩すアイディアは生まれなかった。
単調なプレーを繰り返していたため退屈になってしまった。
ホーム国という地の利も生かせず。

宇佐美 5.5 最初はキレの良さを見せるも、疲れが見えるとプレーがやはり緩慢に
しかし前回よりも守備での貢献は高くなった。
マリの若手に存在感を見せつけることはできなかった

長谷部6.0  キャプテンとして安定したポゼッション、インターセプトを披露。
個人的には青色のスパイクがチカチカしていて、長谷部がどこにいるかすぐにわかった。
しかし前への勇気が少し足りない気がする。

大島 5.0 出場してまたもや怪我に泣かされてしまった。力を発揮するまでに終了したので
よくわからない。静岡県の絶滅種なので、代表には残って欲しい一人。

長友 6.5 相変わらずの体力で攻撃面にも活性化させた。あまりにも勢いが多すぎて味方と被る結末に。。
松木が長友の事を今日は全然語っていなかった。

宇賀神 4.0 本日が30歳の誕生日。さらにドルトムントが獲得に興味も示しているとの報道があった。
早速あいさつ代わりのタックルでイエローをもらい。誕生日の勢いそのままPKを献上。
案の定前半で姿を消した。

槙野 5.5 デュエルの勝率は高かった。スライディングの持ち味はさすがの一言。
ただ前線へのフィード、ボランチへのパスの精度が今一つ。今日のグダグダ感はこのせいだろう。

昌子 5.5 安定したディフェンスをしていたが槙野同様ミスが多い試合だった。
しかし、バランスは悪くない。

中村 6.0 安定したセービングを披露。PKでの失点は不運だった。

小林 6.0 途中出場ながらパスの精度はさすがだった。何度も大迫に通り、チャンスメイクを演出。

ホンダ 5.5 ボールキープ力はさすが、しかしボールをロストしカウンターをくらう時間帯も。

中島 6.5 途中出場ながら1ゴール。初出場は幸運なものに。ゴールシーンの前のルーレットも見事だった。
最初の時間帯は馴染めず苦しんだが、時間が経てばフィットするだろう。

山口 6.0 安定したインターセプト。長谷部との距離感も良かったように思う。
パスミスは多かった。

三竿 6.5 21歳と思えぬ落ち着きだった。アシストのコースは絶妙だった。
次に呼ばれる可能性は上がったと思う。後はフィジカルがあれば最高。

酒井ご 5.5 マリの若手にふりまわされていた。今は代表戦より降格寸前のチームの方が気がかりだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です